片付けがはかどり、貴方の人生の夜明け前になるような、お手伝いなりますように。で、さらにリサイクル・エコについての解説を致しますよ。
片付けがはかどる方法
食品ロスを片付ける5
2015-11-28-Sat  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっていますか??
今回も張切って行きましょう!!

昨日より1mmでも明日に向かいます様、そして
貴方の片付けの夜明け前となります様に・・・

片付けがはかどる以外に
まだ使えるのに貴方が使わなくなった
家具・調度品等は、右カラムのランキングで

【リサイクル】を選んで頂き、
お住まいの自治体近くの
ショップに相談されては如何でしょうか??

多様なショップさんがある様に
見受けられます。

さすがに当隊では【買取り】は出来ませんので(^^ゞ

続きです。

メーカーは欠品を恐れ、多めの在庫を用意します。
しかし、過剰在庫を叩き売ると、
せっかく築き上げたブランド価値を
破壊してしてしまう恐れがあります。

何とももどかしい。

ちなみに我が日本の食品業界には
”1/3ルール”という商習慣があります。

賞味期限が六ヶ月の場合、
メーカー等が、小売店に納品できるのは
製造日から二ヶ月までとなります。

さらに小売店は、賞味期限まで二ヶ月を
切った商品は店頭から下げてしまいます。
(期日が1/3ずつですね)

商品はその後、
メーカーなどに返品された後、廃棄されたり、
モノによっては小売店で廃棄です。

本来、消費者に鮮度のいい商品を提供する
意味があったのに、逆に商習慣に
がんじがらめに縛られてしまっています。

本末転倒も甚だしいですね。

見直そうという話もあるけれど、
ライバル会社の手前、自社だけでは、
見直しは進められないのです。

ところが・・・

とっても素晴らしい発想の元、
将来の可能性のある
ベンチャー企業が現れました。

仕組は、メーカーなどの供給側から
賞味期限が近い商品情報を得て、
ネット上で最大9割程度の値引きをし、
集客する、と言うモノ。

供給側へは、ブランド価値を守るため、
商品の掲載期間は約一週間と短く、
過去の掲載商品は検索できにくくしたとのこと。

注文が集まってから、まとめて納品してもらう。
販売価格には環境団体などへの寄付も含まれ、
供給側も協力しやすいようです。

これは近江商人が唱えた
『売り手よし、買い手よし、世間よし』の
”三方よし”に通じるものがあります。
スンバラシイです。

このサイトは、ショッピングサイト
”KURADASHI.jp”。
会員数はゆうに10000人を超え、
取引先はメーカー・卸を含む200社になります。

創業のキッカケは
”阪神大震災を経験し、
一人でできることの限界を知った。
商社時代に廃棄の現状を知り、
何か自分にできないかという思いがあった”
とのことです。

まだ食べられるのに廃棄する商習慣。
何とか断ち切るキッカケのひとつに
なりませんかね~。

片付け隊の観点からすれば、
そもそも片付けなくて良いモノですよね。
胃袋に収納(?)すればいいだけの話。

少なくとも我々一般市民は
家から出る【もったいない】を
少しでも減らせるように(食物)
心がけたいですね。

ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになりますです♪






我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こりませんよ。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもありますよ。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問い合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さいね。

++++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
食品ロスを片付ける4
2015-11-21-Sat  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっていますか??
今回も張切って行きましょう!!

昨日より1mmでも明日に向かいます様、そして
貴方の片付けの夜明け前となります様に・・・

片付けがはかどる以外に
まだ使えるのに貴方が使わなくなった
家具・調度品等は、右カラムのランキングで

【リサイクル】を選んで頂き、
お住まいの自治体近くの
ショップに相談されては如何でしょうか??

多様なショップさんがある様に
見受けられます。

さすがに当隊では【買取り】は出来ませんので(^^ゞ

食品ロスの問いかけを続けます。

小売りの世界では、先に仕入れた商品が、
陳列棚の最前列に並ぶように構成されています。

そのためには、新しく入荷した商品は
最も奥に置く様指導はしています。

業界用語で言う
”先入れ先出し”です、
聞いた事あるかも知れませんね。

賞味期限が近い商品から
売れるようにする工夫&努力。

スーパー等で行う、いわゆる”品出し”
という業務は、売る側と買う側の最前線で日々、
戦っております(^^ゞ

買う側もよく判っております。
日配品等、賞味(消費)期限が短い品々の場合、
つい棚の奥に手を伸ばしてしまいますね。
そこの貴方、”実は私も”と思ったら手を挙げて下さい。

相変わらず見えませんが(^^ゞ

安いからと言って、多めに買っていませんか??
期限が先だからって、安心していませんか??

この奥から取る、と言う行動を露骨に行うと、店側は
売れ残りロスを抱え、利益が減少します。
それが元で店舗整理(閉店)するかもです。

閉店されたら元も子もありませんね、買物困ります。

少しでも新しいモノを・・・と言う意識は
判らんでは有りませんが、多少の節度を保ちつつ
店側と戦って下さいませ♪

衝撃的な数字を書きます。

店側の涙ぐましい努力・工夫があっても、
”食品ロス”という、まだ食べることができる
食品の廃棄が減少していません。

政府によると、国内で企業と家庭から出る
”食品ロス”は2012年度で642万tと推計されています。

なんじゃ、この数字。
前回は例として埼玉県の数字でしたが
こんな量じゃなかったですね。

642万tとは・・・
国内で収穫できるコメの8割分に相当します。
ちょっと恐ろしい数字です。

【もったいない】の国のはずなのに、
どうしてなのだろう。

問いかけのまま、をっと時間です。

ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになりますです♪







我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こりませんよ。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもありますよ。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問い合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さいね。

++++++++++++++++++++++++++++++
トラックバック0 コメント0
食品ロスを片付ける3
2015-11-14-Sat  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっていますか??
今回も張切って行きましょう!!

昨日より1mmでも明日に向かいます様、そして
貴方の片付けの夜明け前となります様に・・・

片付けがはかどる以外に
まだ使えるのに貴方が使わなくなった
家具・調度品等は、右カラムのランキングで

【リサイクル】を選んで頂き、
お住まいの自治体近くの
ショップに相談されては如何でしょうか??

多様なショップさんがある様に
見受けられます。

さすがに当隊では【買取り】は出来ませんので(^^ゞ

続きです。

この大作戦、昨2014年夏から出発進行!!。
これまで大手カレーチェーン(○○○○壱ですね、多分)
他77店が協力店として参加しているようです。

食べ切りやすい量の食事を出したり、
残さず食べた人に、キャッシュバックしたりするなど、
”食品ロス”の削減を目指しています。

当隊の感覚で言えば
大盛り注文して残すならば
並盛りを喰いきれ!!と言いたいです。

ただ、この大作戦を知る店舗は少なく
県内にある約28,000店の飲食店での参加率は、
まだごくわずかです。77/28,000ですから。

さいたま市は浦和区の東南アジア料理店では
”ゴミを減らしたいのはどこも同じ。
だけど、作戦は知らなかった”と
県のPR不足を嘆いております。

役所仕事なんですね~
企画を講じたけれど、アピール不足・・・・

県の職員の方々、この記事読んでいますか??

食べられるのに捨てられる”食品ロス”の減量は
喫緊の大課題と当隊で考えます。

まずの話『もったいない』です。
食べられる状態なんですから。

海外に目を向けると
その日ありつける食料が無く
衰弱の果て、餓死。
と言った記事が見受けられますよね。

人口が増えすぎても、食糧確保等で問題ありますが
せっかくこの世に生まれてきた限りでは
腹ごなしはやはり最優先かな、とも考えます。

かと言って”食品ロス”で出た食材を
船便で彼の地に送り届けても、到着した時点で、
とても口に出来る状態ではありませんよね(^^ゞ

ちなみに、県全体のゴミの量は、
ここ何年かは、ほぼ横ばいで推移しております。

過去においては、容器包装を減らす取組が進んで
ゴミが減ったが、これ以上の削減は難しいようです。
限界まで減らせたんですね。

しかし、まだ減らせる分野があります。
それが、”食品ロス”なのです。
工夫次第でまだまだ簡単に減らせるようです。

我々一般市民も、少しずつで良いので
始めてみませんか??

お役立ちできれば隊員一同
この上ない幸福感に包まれます(^^ゞ

ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになりますです♪



我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こりませんよ。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもありますよ。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問い合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さいね。

++++++++++++++++++++++++++++++
トラックバック0 コメント0
食品ロスを片付ける2
2015-11-07-Sat  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっていますか??
今回も張切って行きましょう!!

昨日より1mmでも前に進みます様、そして
貴方の片付けの夜明け前となります様に・・・

大事な続きです。

食材の切れ端や食べ残しなど、(特に食べ残し)
人の口に入らないまま捨てられてしまう”食品ロス”。

例として埼玉県内では、年540,000tも発生しており、
25mプールで、満杯の水の重さで換算すると、
何と1,800杯分にもなります。

あまりの量にピンと来ません。

もう一つ例えるならば
10tトラックで、54,000台分。
プールは例えようがないです・・・

比較的??都市部に近い、埼玉県でこの数字です。
世界に誇る大都会である、
東京ではどれだけ出るのか・・・

この量を少しでも減らそうと、
なんと前回記述した『食べきりSaiTaMa大作戦』を
実践している飲食店さんがあるのです!!

スバラシイ取組(アイデア必要ですが)だと思います。

埼玉県は上尾市の”アウトドアカフェ山小屋”では
注文した料理の待ち時間に、来店したお客様に
ちょっとお手伝いをお願いしているようです。

例えば生クリーム。
振るとバターと水分(バターミルク)に分離します。
待ち時間にシェイクして貰うとの事。
ウハハ、面白いかも(^^ゞ

バターはパンに、バターミルクはコーヒーにいれる
ミルクとして”リサイクル”できます。

ケーキで生クリームを使い切れない時、
ロスをださない様工夫した結果、
ひねりだしたアイデアのようです。

厨房では野菜くずを煮込んで
”ベジブロス(野菜だし)”にするなど、
食材を使い切って、できる限り
作り置きをしないよう調整しているとの事。

野菜だしはうま味が出て、美味しそうです。
ま、ウスターソースだって原材料野菜ですからね。

この結果、平均来客80人/日ですが、
一週間で出るゴミは45Lの袋でわずか二つだけ。
これは一般的な4人家族が一週間に出す量とほぼ同じです。

経営者は”材料費も抑えられ、経営面でも助かる”
とのこと。ごみも減りますね、一挙両得です。

めでたい情報のまま次回へ。

片付けがはかどる以外に
まだ使えるのに貴方が使わなくなった
家具・調度品等は、

右カラムのブログランキングで
【リサイクル】を選んで頂き、
お住まいの自治体近くの
ショップに相談されては如何でしょうか??

さすがに当隊では【買取り】は出来ませんので^^)

ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになりますです♪



我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こりませんよ。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもありますよ。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp
※メールアドレスが変更になりました。

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問い合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さいね。

++++++++++++++++++++++++++++++
トラックバック0 コメント0
<< 2015/11 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 片付けがはかどる方法. all rights reserved.