片付けがはかどり、貴方の人生の夜明け前になるような、お手伝いなりますように。で、さらにリサイクル・エコについての解説を致しますよ。
片付けがはかどる方法
電力を出来れば自前で片付けたい 7
2019-06-07-Fri  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっている??
今回も張切って!!

昨日より1mmでも明日に向かう様、そして
貴方の片付けの夜明け前となる様に・・・

続きです。


1997年12月。地球温暖化防止のために
二酸化炭素などの排出を制限する
京都議定書が採択されました。

地球環境を守る取組の合意が、
欧州で先行していた自然エネルギーの流れを
日本に呼込む契機となっています。

会議があった国立京都国際会館の前で、
当時46歳だったTさんは、ソーラー・キッチンの
デモンストレーションをしていました。
環境保護団体グリーンピースのスタッフでした。

4tのコンテナ車に冷蔵庫とテレビを備えた
台所を据え付け、屋根には2kw/hの
発電設備を付けます。

パンを焼いて目玉焼きを添え、
暮らしの中で一番電気を使うと言われた朝食を
作り、参加者らにふるまいました。

でも、あのころの太陽光発電はまだ、
一部のマニアのおもちゃだと思われていました。

でもね、この前後から広がった
市民運動が国会を動かすんです。

1999年11月には自民党はじめ
約250人が参加した超党派の
自然エネルギー促進議員連盟が設立されました。

脱原発運動を進めていたTさんは、
社民党議員の秘書に転じ、議連のスタッフとして
自然エネルギー発電促進法の実現に奔走。

自然エネによる電気の買取を電力会社に
義務づける内容で、当初はTさんも
一気に成立すると確信していました。だが・・

原発推進勢力に巻返されて大幅に後退。

電力会社に一定量の電気を
自然エネで調達することを義務づける
新エネルギー利用特別措置法(RPS法)で
妥協するしかなかったのですね。

住宅用太陽光発電は別として、
自然エネ普及はピタリとやんでしまいます。
この措置法で10年遅れたな。

Tさんはその後、市民運動に戻り、
長野県は飯田市の、
おひさまエネルギー事業に参加。

市民出資の太陽光発電事業など、
地域での自然エネ普及の
仕組作りに力を注入。

Tさんの人生はそのまま、自然エネルギーの
成長と挫折の歴史と重なります。

よくもここまできたと思いますよ。
でもまだ、五合目。電力自由化が勝負です。

一方で、原発の新規立地も進まない。

経済的に成り立たないことは
電力会社もわかっている。

世界の潮流にはあらがえない。
勝負は見えています。

今、新規事業拡大で攻勢をかける。

続きます。

ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになるでしょう♪






我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

レポートを用意しました。

それぞれのスタイルで確認下さいね

Kindle版

PDF版

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こらないです。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもあります。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
<< 2019/06 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2019 片付けがはかどる方法. all rights reserved.