片付けがはかどり、貴方の人生の夜明け前になるような、お手伝いなりますように。で、さらにリサイクル・エコについての解説を致しますよ。
片付けがはかどる方法
フロンガスを片付ける2
2016-05-25-Wed  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっていますか??
今回も張切って行きましょう!!

昨日より1mmでも明日に向かいます様、そして
貴方の片付けの夜明け前となります様に・・・

片付けがはかどる以外に
まだ使えるのに貴方が使わなくなった
家具・調度品等は、右カラムのランキングで

【リサイクル】を選んで頂き、
お住まいの自治体近くの
ショップに相談されては如何でしょうか??

多様なショップさんがある様に
見受けられます。

さすがに当隊では【買取り】は出来ませんので(^^ゞ

続きです。

”ノンフロン 自然冷媒を使用しています”

スーパーなどの冷凍・冷蔵ショーケースに、
こんなシールを貼った店舗が増えてきました。
冷媒にフロン類ではなくCO2を使っているとのアピールです。

ちょっと変なアピールのような気が・・・

ちなみに拙宅にある冷蔵庫、冷媒はイソブタンです。
自然冷媒ですね。
しかし、可燃ガスです。漏れには注意です。


ローソンは、2010年からCO2冷媒システムを入れ始め、
今現在約600店舗に導入しました。

導入を後押しするのは、フロン類に対する国内外の
規制強化や自然冷媒に対する支援策なのです。

二十世紀前半に開発されたフロンは、無毒で不燃の
安定した”夢の物質”として世界中に広まりました。

しかし、皮膚がんや目の病気の原因となる紫外線から
生物を守っているオゾン層の破壊を進める
物質であることが判ったのはご存じですね。

1987年に採択されたモントリオール議定書で、
CFC(クロロフルオロカーボン)は2009年に、

HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)は
先進国で2020年、途上国で2030年に
全廃されることが決まりました。

HFC(ハイドロフルオロカーボン)に代表される
代替フロンは、オゾン層は破壊しないものの、

1997年採択の京都議定書で、温室効果ガスの
一つとして削減が義務づけられてしまいました。

要はフロンガス(炭素、フッ素、少量の水素で構成)
ダメって事です、仕方がないのです。

フロン類は30年前には洗浄剤や発泡剤など
様々な分野で使われていましたが、
現在は空調や冷凍などの冷媒が九割を占めます。

今後、企業や社会にとって、選択肢は二つあります。
比較的、温室効果が低いHFCを選ぶか、
自然冷媒を取り入れるかです。

さてどうするか??続きます。

ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになりますです♪






我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こりませんよ。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもありますよ。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問い合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さいね。

++++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 片付けがはかどる方法. all rights reserved.