片付けがはかどり、貴方の人生の夜明け前になるような、お手伝いなりますように。で、さらにリサイクル・エコについての解説を致しますよ。
片付けがはかどる方法
恵みの海が片付けられる
2016-09-24-Sat  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっていますか??
今回も張切って行きましょう!!

昨日より1mmでも明日に向かいます様、そして
貴方の片付けの夜明け前となります様に・・・

世界屈指の漁業国だった日本の漁獲量は、
最盛期の1/3にまでに減少しています。

漁師の高齢化や後継者不足も悩みの種です。
日本の浜に、再びにぎわいは戻るのでしょうか。


衰退する日本と対照的なのが、ノルウェーです。
漁業が成長産業といわれているようです。

ノルウェーの仕組みは、漁師のライセンスを減らす一方、
漁船ごとに漁獲量を割り当てる制度を整えたのです。

割当量は、科学的に資源を守れる量に抑制。
その結果、ほどよくとって利益をあげる漁業になり、
1990年代後半から、補助金がほとんど必要なくなったのです。

なぜノルウェーでなぜ漁業改革ができたのでしょうか。

1.ノルウェー人は科学的研究と自然に敬意を持つから
2.北欧では、規制は弱者を守るため
という考えが共有されているようです。

規制というモノに対する考え方の違いか・・

一方の日本は・・・
漁業・養殖業生産量は1980年代をピークに急減。
生産量トップ10ヶ国のうち減ったのは日本だけなのです。

他国は養殖を大きく伸ばすが、日本は養殖も減少傾向。
漁業権を地元漁協に与え、
他の参入を許さないため、仕組みが硬直化していますね。

また、関係者によると最近、東京・築地市場に
(移転候補の豊洲で大きく揺れていますが)
大きな魚が並ばなくなった印象とのこと。

手段というか対策として
資源が回復するまで支援して、

もうかったら返してもらうような
補助金をつくったら面白いかなと。ムリか。

でもダメな面ばかりではありません。

新潟県では、エビの個別漁獲割り当て制度を
採り入れ生産調整を行い
それなりに効果が上がっているとのこと。

日本の報道も、変にあおりますよね。
規制というと、マグロが食べられなくなる、と大騒ぎ。

本当は、規制すれば将来も食べられるのですと、
表現の仕方を変えるだけでもだいぶ違います。

我々もあおられるだけでなく
冷静に判断したいものですね。


片付けがはかどる以外に
まだ使えるのに貴方が使わなくなった
家具・調度品等は、右カラムのランキングで

【リサイクル】を選んで頂き、
お住まいの自治体近くの
ショップに相談されては如何でしょうか??

多様なショップさんがある様に
見受けられます。

さすがに当隊では【買取り】は出来ませんので(^^ゞ

ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになりますです♪






我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こりませんよ。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもありますよ。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問い合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さいね。

++++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 片付けがはかどる方法. all rights reserved.