片付けがはかどり、貴方の人生の夜明け前になるような、お手伝いなりますように。で、さらにリサイクル・エコについての解説を致しますよ。
片付けがはかどる方法
雑古紙を片付ける
2017-01-04-Wed  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっていますか??
今回も張切って行きましょう!!

昨日より1mmでも明日に向かいます様、そして
貴方の片付けの夜明け前となります様に・・・

片付けがはかどる以外に
まだ使えるのに貴方が使わなくなった
家具・調度品等は、右カラムのランキングで

【リサイクル】を選んで頂き、
お住まいの自治体近くの
ショップに相談されては如何でしょうか??

多様なショップさんがある様に
見受けられます。

さすがに当隊では【買取り】は出来ませんので(^^ゞ

新年の当隊トップ投稿はどうもウチみたいです。
ま、それはそれで。

富士山の豊富なわき水に恵まれた静岡県は富士市。

製紙業が盛んな街で、プラスチックや
金属が付いた紙でもリサイクルできる
最新鋭の工場が稼働を開始です。

新聞・雑誌の発行部数の減少や
ペーパーレス化の影響で古紙の回収量が
伸び悩むなか、資源を最大限に利用し、紙ごみの
減量にも貢献する工場として注目され始めています。

紙の専門商社大手、日本紙パルプ商事の子会社で、
再生紙トイレットペーパー最大手のK社(富士市)。
120億円を投じた新工場が、本格稼働ですよ。

新工場は、プラスチックや金属が付いた
古紙など”あらゆる紙”を再生紙の
原料として受け入れています。すごい。



一日に200tの紙ごみを処理し、トイペ130万個、
ボックスティッシュ15万個を生産できます。

内側にアルミが張られた酒類の紙パック、
取出し口にフィルムが付いた

ティッシュペーパーの箱なども、
そのまま溶かして金属やプラスチックを分離します。

金属は業者へ売却し、プラスチックは
自社工場の燃料として使いきるのです。

廃棄物を出さない”ゼロエミッション”を
実現しているのです。

経済産業省紙業服飾品課は
品質の悪い古紙でも再生できる
国内随一の最先端工場。

プラスチックなどもすべて再資源化できて、
生産効率も高いと。

経済産業省紙業服飾品課、
こんな部課があるんですな。
何をやってんだか。相変わらず上から目線で。

ちょっとイラッと来たところで続きます。

ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになりますです♪






我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 片付けがはかどる方法. all rights reserved.