片付けがはかどり、貴方の人生の夜明け前になるような、お手伝いなりますように。で、さらにリサイクル・エコについての解説を致しますよ。
片付けがはかどる方法
東南アジアのリサイクルを片付ける
2017-02-08-Wed  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっている??
今回も張切って!!

昨日より1mmでも明日に向かう様、そして
貴方の片付けの夜明け前となる様に・・・

片付けがはかどる以外に
まだ使えるのに貴方が使わなくなった
家具・調度品等は、右カラムのランキングで

【リサイクル】を選んで頂き、
お住まいの自治体近くのショップに相談されては如何??

多様なショップさんがある様に見受けられますが。

さすがに当隊では【買取り】は出来ませんから(^^ゞ

インドネシアの首都ジャカルタの南約50kmにある
産業廃棄物の最終処分場。

東京ドーム10個分を上回る約50万㎡超の敷地の一角で、作業員が
重機で土を掘り返し、新しい埋立て場所を整地していた。

運営するのは、日本の非鉄大手DOWAホールディングス傘下の
現地企業PPLi。DOWAが2009年に買収。

同国で唯一、有害廃棄物処理の営業許可を持ち、
島々からなる全国からごみを受け入れる。

PPLiの社長は、収集から最終処分まで一貫して手がけ、
顧客から安心して任せてもらえるのが強みだ、とのこと。

一部は日本より厳しい環境基準で処理。
日本で培った技術によって、
処理能力を買収前の二倍強の月約20,000tに引き上げた。

原油や天然ガスの掘削現場で出た汚泥を処理する事業にも乗出す。
新たな処分場をつくる検討もはじめた。

DOWAが目指すのは東南アジアでの、静脈メジャー。
巨大な存在感を示すことだ。

ミャンマーでも国際的な環境基準に基づいて
同国初の最終処分場を稼働させた。
タイ、シンガポールを合わせて四ヶ国で事業を展開する。

コストを払ってでもしっかり処分してほしいという
環境意識は地場企業にも広がって来ているようだ。
この意識はでかいね、言葉で伝えて判ることではないのでね。

続く。


ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになるでしょう♪






我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こらないです。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもあります。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 片付けがはかどる方法. all rights reserved.