片付けがはかどり、貴方の人生の夜明け前になるような、お手伝いなりますように。で、さらにリサイクル・エコについての解説を致しますよ。
片付けがはかどる方法
最先端の有機農業を片付ける
2017-03-04-Sat  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっている??
今回も張切って!!

昨日より1mmでも明日に向かう様、そして
貴方の片付けの夜明け前となる様に・・・

片付けがはかどる以外に
まだ使えるのに貴方が使わなくなった
家具・調度品等は、右カラムのランキングで

【リサイクル】を選んで頂き、
お住まいの自治体近くのショップに相談されては如何??

多様なショップさんがある様に見受けられますが。

さすがに当隊では【買取り】は出来ませんから(^^ゞ

化学肥料や農薬を使わない有機農業が少しずつ広がっている。
有機農業は究極のリサイクルなのである。

岐阜県南部の白川町で新しく有機農業を始める人が増えている。

会社員だったSさん夫妻は、有機で農業をやりたいと
2014年に横浜市から移住。

三人の子どもを育て、田畑を耕す。引っ越す時、
長女と、大好きなイチゴを必ず作ると約束。

完熟で販売するイチゴは予約が相次ぐようになった。


2010年に白川町に来たIさんは
有機農法で48aの水田と75aの畑を耕し、

首都圏や東海の消費者に宅配便で野菜を届ける。
近くに有機農業をする仲間がいて、恵まれた環境、と。

町に来る人たちを支援するのは、
地元のNPO法人、ゆうきハートネット。
http://yuki-heartnet.org/

有機農業で地域を活性化しようと
1998年に有機農家10戸で発足。
共同で有機稲作に挑戦したり、講演会を開いたり。

大々的な活動ではなかったが、
2006年に有機農業推進法が成立し、風向きが変わった。
町などと連携して、農林水産省の推進事業に応募。

宿泊研修施設を建て、態勢を整えた。
空き家や農地紹介のコーディネート、
販売先を切り開く応援もする。

同ネットの集計では、これまでに23戸が有機農業で就農。
消防団や伝統芸能にも参加し、地域とつながって
暮らそうという意識が強い人が多くなったと。
これは良いことですな。

次。

島根県は、農業活性化策の柱の一つに
有機農業を位置づけ、振興に力を入れる。

県立農林大学校には2012年度、有機農業専攻を開いた。
二年間のコースで、県内の有機農家の協力も得て
新規就農希望者に教える。

有機農業を県の特徴として全国にアピールしています。
U・Iターン者の定着や地域づくりにも効果がある、と
県農産園芸課の岸田佳之・有機農業グループリーダー。

同県で有機JAS認定を受けている田畑の面積は
2015年度約23,200aに達し、
農地全体の0.615%と割合で全国トップになった。
血道な努力という奴です、見習わんと。

続く。

ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになるでしょう♪






我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

レポートを用意しました。

それぞれのスタイルで確認下さいね

Kindle版

PDF版

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こらないです。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもあります。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 片付けがはかどる方法. all rights reserved.