片付けがはかどり、貴方の人生の夜明け前になるような、お手伝いなりますように。で、さらにリサイクル・エコについての解説を致しますよ。
片付けがはかどる方法
【何を意味するか??】大量死ミツバチから農薬
2017-07-08-Sat  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっている??
今回も張切って!!

昨日より1mmでも明日に向かう様、そして
貴方の片付けの夜明け前となる様に・・・

片付けがはかどる以外に
まだ使えるのに貴方が使わなくなった
家具・調度品等は、右カラムのランキングで

【リサイクル】を選んで頂き、
お住まいの自治体近くのショップに相談されては如何??

多様なショップさんがある様に見受けられますが。

さすがに当隊では【買取り】は出来ませんから(^^ゞ

国内で大量死したミツバチの死骸を
農林水産省が分析したところ、

半数以上から水田でまかれた
ネオニコチノイド系農薬が検出された、
とする調査結果が発表された。

農水省は農家と養蜂家に自主的な対策を求めたが、
欧州などは既に使用禁止などの措置に。

国内の養蜂家からも規制を望む声が強い。

ネオニコ系は従来の有機リン系農薬の
代替として開発された殺虫剤。

人や魚などへの毒性が比較的少なく、
カメムシなどの防除効果が高いとされる。

日本では1992年以降、
クロチアニジンなど七種が登録され、

水稲などに使われているが、
登場した時期とミツバチの大量失踪や
大量死が報告されるようになった時期が重なるため、

世界的に因果関係が疑われているのだ。
疑われていると言うより”モロ”ではないか??

農水省は2013~15年度に全国の養蜂家から
都道府県を通じて連絡があった
ハチの大量死198件の原因を調査。

ほとんどの被害地の周辺で水稲が栽培され、
被害の七割はカメムシ防除の
農薬が散布される時期だった。

このうち死骸が採取された49件を分析すると、
一定基準以上の農薬成分が38件検出された。
うちネオニコ系は25件で最多だった。

農水省は
『水稲のカメムシ防除に使用された
農薬が原因である可能性が高い』と結論。

ただ、ネオニコ系が多いのは
利用量が多いためで、
影響の強さは特定できないとした。


だが、養蜂家の感覚は違う。
長野市で養蜂園を営む園主は、この八年で3回も、
農薬が散布される夏に多くのハチを失った。

ネオニコ系が出てくるまでこんなことはなかった。
日本でも使わないでほしい、と。

最初は2008年8月中旬。
ある日突然、巣箱の前に多数の死骸が広がっていた。

一体何が起きたのだ!?・・続く。


ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになるでしょう♪






我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

レポートを用意しました。

それぞれのスタイルで確認下さいね

Kindle版

PDF版

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こらないです。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもあります。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/11 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2018 片付けがはかどる方法. all rights reserved.