片付けがはかどり、貴方の人生の夜明け前になるような、お手伝いなりますように。で、さらにリサイクル・エコについての解説を致しますよ。
片付けがはかどる方法
温暖化対策のはなし2
2018-05-10-Thu  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっている??
今回も張切って!!

昨日より1mmでも明日に向かう様、そして
貴方の片付けの夜明け前となる様に・・・

続きです。


パリ協定とは、今世紀後半に
温室効果ガスの排出を実質ゼロに
することを目指していますす。

COPでは、各国が2050年の
温室効果ガス削減の長期戦略を発表。

ドイツは1990年比で80~95%削減を目指し、
2030年までに55%削減する計画。
この数字はちょっとスゴイです。

で、米国も2005年比で
80%削減を目指していましたが、
現大統領が離脱を表明してしまいましたね。

離脱すること自体、
実は手続き大変なんですけどね~
さて。

アフリカやアジア、島国などの途上国は
”マラケシュ・ビジョン”を発表。

2030~50年に再生可能エネルギー100%を
目指す構想を打ち出したのです。
こっちの方がよっぽど前向き♪

温室効果ガス排出削減の取組は
ビジネスチャンスなのです。

パリ協定から離脱を表明した
米大統領になっても、その流れは進みます。

中でも巨額の資金が投じられているのが、
再生可能エネルギーなんですよ。

各国が排出削減目標を達成するには、
導入量を増やすことが欠かせないからです。

昨年の世界の投資額は3,000億ドルに上り、
途上国への投資額が先進国を上回ったのです。

中東、アフリカ諸国への2015年の投資は
125億ドルに上り、前年比で六割近く増加。

国連環境計画は、次の10~20年にかけて
アフリカが最も期待できる市場、と分析。

2050年に温室効果ガス80%削減を掲げる日本。
現在、長期戦略を策定中。

なんですが、東京電力福島第一原発事故もあり、
40基以上の石炭火力発電所の
新増設計画があると。何やってんの??

COPでは、海外の石炭に
巨額の資金を投じているとして、

NGOが温暖化に後ろ向きな国に贈る
”化石賞”を受賞してしまいました。
恥ですね、先進国として。

とっても残念ですが、事実です。
続きます。

ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになるでしょう♪






我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

レポートを用意しました。

それぞれのスタイルで確認下さいね

Kindle版

PDF版

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こらないです。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもあります。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/09 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2018 片付けがはかどる方法. all rights reserved.