片付けがはかどり、貴方の人生の夜明け前になるような、お手伝いなりますように。で、さらにリサイクル・エコについての解説を致しますよ。
片付けがはかどる方法
動植物の生存域が・・ 下
2019-01-07-Mon  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっている??
今回も張切って!!

昨日より1mmでも明日に向かう様、そして
貴方の片付けの夜明け前となる様に・・・

続きです。

ナガサキアゲハの北上を
人間が加速させた可能性もあります。

ヒートアイランド現象で都市部で
越冬しやすくなったり、葉が幼虫のエサになる

かんきつ類が住宅の庭に
植えられたりするようになったからなんです。

さらに、人が本来の分布域より
北に生物を移動させることも。

見つかったのが関東圏では初めての報告例に
なる南国のチョウ、ヤクシマルリシジミ。

国内では1958年までは鹿児島以南や
紀伊半島南端などでしか見つかっていなかったと。

ですが、徐々に分布域が北上。
植木のツツジの一大産地、
三重県鈴鹿市周辺まで達し、

そこからツツジについた卵や幼虫が
流通ルートに乗ってさらに北上です。
こういった原因もあるんだ~。

一方、気温上昇にともない、すみかを気温の低い
北や山頂に移す北方系の生物もいますが、
島国の日本ではやがて逃げ場がなくなります・・。

100年後には少なくとも日本のチョウの
一割にあたる22種が
絶滅するおそれがあるとのこと。

さらに、植物を食害するシカの分布域が
北上した例も報告されています。

デング熱やジカ熱などを媒介することがある
ヒトスジシマカも年々北上し、ついに
本州最北部の青森県で定着が確認です。

生物は人や環境の影響で北上していますが、
やがては人に影響がかえってくるかもです。
食物連鎖の頂点ですから。

近年北上しているといわれるチョウには、他にも
カバマダラ、
クロコノマチョウ、
タテハモドキなどがあります。

温暖化だけではなく、ツマグロヒョウモンでは
幼虫が食べるパンジーやビオラなどが

花壇や住宅の鉢植えなどで
増えていることも影響があるみたいです。

亜熱帯、熱帯地域にすむ
クロマダラソテツシジミも急激に北上。

国内では1992年に沖縄で発見されましたが
ついには関東まで北上。

幼虫がソテツを食害するため、
国や自治体が注意を呼びかけています。

あんな先っぽとんがった針みたいな葉
よく喰えるなと考えますが・・
痛くないのかな??

尻すぼみですが終わります♪

ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになるでしょう♪






我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

レポートを用意しました。

それぞれのスタイルで確認下さいね

Kindle版

PDF版

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こらないです。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもあります。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/06 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2019 片付けがはかどる方法. all rights reserved.