片付けがはかどり、貴方の人生の夜明け前になるような、お手伝いなりますように。で、さらにリサイクル・エコについての解説を致しますよ。
片付けがはかどる方法
電力を出来れば自前で片付けたい 3
2019-06-03-Mon  CATEGORY: リサイクル&エコ
片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっている??
今回も張切って!!

昨日より1mmでも明日に向かう様、そして
貴方の片付けの夜明け前となる様に・・・

続きです。


Sさんに協力を頼まれたTさんは
NGO経験が長く、政治家秘書も
経験しているので顔が広いのです。
(物理的に大きいかは判りません♪)

お二人は2011年3月24日、
お台場にある太陽光発電大手
ソーラーフロンティア、に出向きました。

発電には支障がないが、
市場に出せないアウトレット品が
大量にあると聞いたからなのです。

”被災地へ、太陽光発電システムを
格安にてご提供ください”。

Sさんたちは当時社長だった
Kさん宛てに手紙を出していました。

応対した当時の営業技術部長、
Nさんは、Kさんが無償提供を
承諾したことを伝えました。

ただし条件がありますと。

一つは避難所が閉鎖された後に
パネルが転売されないように管理すること、
もう一つは会社名を出さないこと。

震災に便乗した売名行為と
見られたくなかったからですね。

太陽光パネルのめどがついた2人は、
寄付を集めたり、設置を進めたりするための
支援体制づくりを始めます。

Sさんが現地で太陽光パネルを設置し始めた
4月初旬、東京では被災地に

自然エネルギーを届ける
つながり・ぬくもりプロジェクト(つなぬく)、の
記者会見が開かれました。

Tさんが顧問を務める、環境エネルギー
政策研究所(ISEP)や、WWFジャパン、
バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)などの
NGOが参加。

プロジェクト名には
自然エネによるつながり(情報)とぬくもり(照明・
暖房)を届ける、という意味を込めました。

太陽光発電に加え、太陽熱温水器や
バイオマスのボイラーも
無償で提供することになったのです。

ソーラーフロンティア宮崎工場から
大量の太陽光パネルが運び込まれ、
4月中旬以降、つなぬくの活動は本格化。

同社のNさんは現地の状況を見るために、
黄金週間を利用して
岩手県は陸前高田市を訪問。

中学3年の長男も同行させました。

つなぬくでパネルを設置した家の人から
テレビを見られるようになったのが心の救い。

LEDで居間から台所まで照らせるようになった
と感謝されました。

同社が無償提供した太陽光パネルは
計約3,000枚、250kw/h分に上ります。

現地責任者になったのはFさんです。
30年以上も太陽光発電事業に携わり、
Sさんたちとも旧知の仲でした。

必要とされたのはまず明かり。
船にとっての灯台のようなものですから。

まずは明かりです、続きます。

ご意見・ご要望大歓迎です。

このページを読み、ほんの一瞬でも
”夜明け前へ向かいたい!!”と感じた貴方、
下記バナーにポチッ☆として下さいね。
隊員一同、大いなる励みになるでしょう♪






我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの手段を
伝え続けていきます。
これまでも、これからも。

++++++++++++++++++++++++++++++

レポートを用意しました。

それぞれのスタイルで確認下さいね

Kindle版

PDF版

まずは片付けでお困りの貴方は
お問い合わせ下さい。
片付けの大問題が解決出来ます。

ご自分から動かないと・・・
変化は起こらないです。

お問い合わせお待ちしております。
※左カラムのトップにメールフォームもあります。

お問い合わせ先:
あなたの周りを片付け隊

メールでの問い合わせ先:
kataduketai@jcom.zaq.ne.jp

迷惑メール対策の為@を@に変更しています。
問合わせ頂く時は、@を@(半角)に変更下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2019 片付けがはかどる方法. all rights reserved.